プロフィール




プロフィール

*Mizuho Tanaka*
大学時代に人材マネジメントを学び、人材に関わるビジネスに興味を持つ。
2013年に新卒で大手人材総合サービス会社に入社し、人材紹介事業部にて法人営業とコンサルタントを兼任するも、1年8ヵ月で退職

2015年よりITアウトソーシング(SES)を行うベンチャー起業に転職し、人事・総務などのバックオフィス関連の仕事を色々と対応することに。
2016年12月、主任に昇格。

2017年から本業に関係なく、【豊かに生きる】ことを軸に、イベント企画の団体で活動したり、キャリア相談をうけたりと、活動の場を広げています。

今後やりたいこと

  • とにかく人に関わる仕事
  • 自分よりも若い世代に働く喜びを伝える
  • より豊かに生きるための教育 など楽しいと思えることならなんでも

 

これまで

生まれ

1990年7月、兵庫県川西市(母の実家)産まれ、育ちは東京です。
ちょびひげがチャームポイントで口下手な可愛い父、ショートボブが似合って誰とでもすぐ友達になれる行動派の母、4歳年上の性格真逆な姉と二人姉妹。
身長150㎝、A型、かに座。

努力家でなんでもできる姉に負けたくないのに、努力していると思われるのが嫌いで、みんなに「努力しなくてもできる子」とみられるべく、陰で努力するタイプだと思っている。

幼少期~小学校時代

産まれてから幼稚園に通って、小学校低学年ぐらいまでの記憶はほぼないので省きますが、人見知りが激しく引っ込み思案な子供だったよう。

恐らく父が「できない人の気持ちがわからない人」だったのが大きく影響して、小さいころからかなりの負けず嫌い。
女だからとか思われたくなくて、小学校の短距離走も「女子で1番は当たり前」「男子に負けたくない」みたいな精神。

中学校時代

入学後すぐに反抗期が到来し、半年ぐらいの短い期間でしたがぐれてました。
根は真面目なので変なことはやってませんが、当初入部したテニス部の「1年生はとにかく球拾い、筋トレ」という習慣が全くなじめずに1ヶ月で退部。

その後、先生のはからいで陸上部に入りましたが「なんでタイヤなんか巻き付けて走らないといけないんだ」と思って1ヶ月で退部。
今思うと恥ずかしいですが、部活が嫌すぎてトイレの窓から脱走したりもしました。

高校時代

高校生までは姉に憧れていてどこまでも真似をしていて、高校も姉が進学したからという理由で進学する先を決めました。

部活は全然続かなかったんですけど、なにかやりたくて「バドミントン」を始めてドはまり。
中学の頃あんなに球拾いが嫌とか筋トレが嫌とか言ってたのに、バドミントンは「外周の後に腹筋30回3セット・腕立伏せ30回3セット、背筋30回3セットやって素振り~」とか面白いぐらいやれるという。

バドミントンにはまって、一生懸命なにかをしたときにできる仲間は最高だと知りました。

大学時代

高校時代はバドミントンに明け暮れていたので学力はとにかく低い。
大学受験をするときも2校しか受験せず、「左手で試験受けても入れる」といわれていた大学に無事進学しました。
そしてこの大学で出会った「人材マネジメント」という学問と、人生を大きく変えてくれた恩師。
ここが人生のターニングポイントになっていると思います。

大学の就職率が肌感だと40%ぐらいの状況なのに「就職率100%のゼミ」があると噂を聞いて食いついただけなんですけど、まんまと面白さに魅了されてしまいました。
学問的にも面白いけど、人生の恩師が学ぶ喜びを教えてくれたんですね。

とは言え「就職率100%のゼミ」というだけあってFランのゼミにしてはなかなかハードだったので、ついていくのがやっとで、月10万円とか稼いでいたアルバイトも辞め、シフトの融通がきくところに変えて月4万円ぐらいの貧困生活になりました。

就職活動時代

人材マネジメントにのめり込んでいたので就職活動は人材業界に絞って行いました。
姉が大手企業で事務職をしているのをみてきたので、その道を私も歩むのだと思っていましたが、そんな私が「営業職」を志望して挑んだ就活。

結局15社ほど受けた中で1番社風が柔らかくて素敵だと感じた、大手人材総合情報サービス会社に入社。

新卒営業時代

営業会社なので入社してからは本当に朝から晩までテレアポしてました。
アポが取れないと仕事がないのでとにかく必死。
1日150-200件とか電話かけて、1ヶ月で40社ぐらい新規開拓するみたいな。

事務処理も意外と多いのが人材営業の嫌なところで(笑)。
テレアポできなくなった18時ぐらいからスイッチいれて事務作業をこなす日々。
1年目はとにかくできない自分が悔しくて毎日泣いてました。

あっという間に1年間は過ぎ去って、2年目に入った時にふと「何のためにこんなことやってるんだろ」って営業スイッチが切れてしまって。
人事がやりたい!と人事スイッチが入る。

その頃の課長(当時27歳)には本当に申し訳ないぐらいわがままを言って(辞めると言ってから3ヵ月ぐらい辞められなかったけど)。。
結局、就活あれだけ頑張って(選考期間3ヵ月かけて)入社した会社を1年8ヵ月で退職しました。

その後、半年間の暗黒期が到来。営業時代に貯金してたので半年間は完全にニートしてました。
今思うとこの時期何もしてなかったのが、次の会社でのスピード感に直結している気がします。

ベンチャー企業で人事スタート

第二新卒で人事未経験の私に本当に1から採用の仕事を教えてくれた会社です。
教えてもらったというか、なんでもかんでも任せてくれました。私しか人事がいないんで(笑)。
入社して1週間後に新入社員のオリエンテーションを1人でやっていたし、同じ時期に面接官もやらせてもらうようになりました。

人事のセミナーに行ったり、本をひたすら読んだりしましたが、多くの人の話を聞いて学んだことの方が多いです。

採用した新卒の子がうつ病を発症してしまったりと私のキャパではどうにもできないこともたくさん起きて。
真っ正面から私としてぶつかっていくことの大切さを知りました。

人との出会いでこんなにも自分は変わるのだなと本当に良い日々を過ごさせてもらって、入社して1年半ぐらいの時に主任になりました。
この頃にはすでにお局感がでており一人人事を謳歌(笑)。

人事の枠を超えてもっと生きること、働くことについて幅広く、そして深くやっていきたいと思って今活動の場を広げています。

好きなもの/好きなこと

(1)楽しいこと、わくわくすること
(2)人にプラスの影響を与えること/人からプラスの影響をもらうこと
(3)関ジャニ∞/コブクロ
(4)動物(特に犬/猫)
(5)ストイックなパートナー
(6)わがままを許してくれる家族
(7)楽しいことができる仲間
(8)健康にいい食事
(9)質の良い睡眠
(10)自然/自然体/自由

嫌いなもの/嫌いなこと

(1)指示を出されること/ルール通りにすべてこなすこと
(2)無意味な常識

こんな私ですがこれからよろしくお願いします。

 

□■合わせて読みたい記事はこちら■□

👉キングコング西野亮廣「革命のファンファーレ」で行動革命を起こす【無料プレゼント企画当選した話】

👉人事職の私が在宅勤務を始めて思うメリット・デメリット【体験談】

👉【実績公開】成果報酬型媒体を1ヵ月運用してエンジニアの中途採用をやってみた結果まとめ

👉【経験談】26歳になって将来が漠然と不安!コーチング受けて未来が明るくなった話

👉【わくいふにジョインしました】これからの「家族」について考える

👉人生でやりたい100のこと







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA